諦めるその前に

模型

できるだけ高値で

事故車は買取に出しても安値がついて当たり前というイメージをお持ちの方は少なくないでしょう。中古車の買取査定では年式が新しく、走行距離が少ないほど高値がつきやすいものですが、事故車の場合は大幅なマイナス査定となってしまうことは一般的によく知られていることです。修理をしていても事故歴はマイナス査定に繋がるため、買取に出す時も最初から諦めてしまっているという方もいるのではないでしょうか。しかし事故車であっても安く買い叩かれることだけは避けたいものです。できるだけ高値で買い取ってもらえるようにできる限りのことはしておきましょう。まず事故車を買取に出す時はできるだけ複数の買取業者に査定してもらいましょう。ウェブ上で行える仮査定でも構いません。仮査定であれば複数の買取業者に一括で査定してもらうこともできるので簡単で便利です。なぜ複数が良いのかというと、事故車であるという情報を伝えた上で算出された仮査定の値段を比較することができるからです。一括査定の返答が来たところでそれぞれの業者の値段を見比べてみましょう。この時、極端に値段が低いところはもちろんですが、高いところも注意が必要です。多くの業者が値付けをしている価格帯を見極めて、その価格帯の中からさらにいくつかの業者に絞り込み、実際に事故車を見てもらう本査定を依頼すると良いでしょう。こうすることで安く買い叩かれることなく、できるだけ高い値段で買取に出せる可能性が広がるのです。